読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Club Well done !

サイクリングチーム クラブ ウェルダン!の公式ブログです。横浜を起点に活動するロードバイクサークル。

自転車の楽園?伊豆大島にファミリーで行ってきたよ。

f:id:ryu_chang:20170413103720j:plain

クラブの活動報告ではありませんが、3月末にファミリーで伊豆大島ライドしてきたのでレポしたいと思います。

 

 

我が家の息子(新小6)と娘ちゃん(新4年)、とある体操クラブでアクロバット習ってるんです。


そこのお友達のパパSINさんが自転車マニアさんでして(笑)、息子Mくん(新中2)も自転車やってて、娘Mちゃん(新小6)も自転車乗らされてるwwwww

 


なんか共通項が多く、何度か息子連れで朝練に参加していただいたり仲良くさせていただいてるんですが、以前から何かライド企画したいねーなんて言ってたんです。
で、今回の企画、伊豆大島一周ライドと相成りました。

 


最初は息子連れで4人かなーと言ってたんですが、うちの娘も『Mちゃんも行くならあたしも行くー!』ってんで、
ツライのはイヤッていうMちゃんを
『きっとおいしいものあるよ!』
『えっ!じゃあ行く!!』
と餌で釣ってwwwww、5人で行くことに。当然お母さんたちは付き合ってはくれません(笑)

 

 

3月24日(金)の夜行便で向かい、翌25日(土)の午後便で戻ってくるプランです。


行きは特2等室で帰りは2等和室で予約を取りました。
ちょうど3月まで復興支援割引が効いており、さらにネット割引かなにかでかなりお得に購入できました。


特2等で大人¥4020子供¥1810。
2等和室で大人¥2260子供¥920。

家族3人往復で¥12000弱、安くないですか?

 

現在の価格は以下サイトよりお調べ下さい。

 

www.tokaikisen.co.jp

 


横浜大桟橋を23時30分出発、翌日の14時30分に大島を離れる予定。


ホントは三連休の日曜日にって思ってたんですが、東京の竹芝桟橋を出港して、横浜に寄港するのは金曜と土曜日のみ。祝前日も寄ってくれればいいのにね。

 

 

 

 

 

ワクワクと出発前最後の体操教室に行くと、SINさんから衝撃の報告が…

『息子君が学校の必須補習で行けなくなりました…』

……………………………


『4月から九州に転勤になりました……………』


…………………………………………………………

 

うそーん!

 


色んなショックで暫く立ち上がれませんでした(笑)

 

急な引越しで遊んでる場合じゃないだろうに、転勤前最後の週末を『娘と楽しむ良い機会だ』と言って、予定通りご一緒してくれることになりました。

 


そんなこんなで目一杯楽しむしかないんですが、色々調べると『大島一周は山岳コース、距離50キロ弱の割に獲得標高は900mくらいはあって走りごたえ十分!』と知って、かなり不安に!!

 

娘ふたりは50キロという距離も未知の距離なのに、帰りの船に間に合うように無事走りきれるのだろうか?

 

 

 

 

いざ、出港!!


そして出発当日。仕事を定時きっかりに飛び出して帰宅。ご飯食べてお風呂入って。
夜遅いし、3台分パッキングするのは骨が折れるので、大桟橋までは嫁さんに車で送ってもらいました。


大桟橋の待合室には結構な人だかりが。
自転車乗りと釣り人が結構います。

 

f:id:ryu_chang:20170404200825j:plain

f:id:ryu_chang:20170404200842j:plain

 

 

先に到着していたSINさんが既に発券を済ませてくれていました。
子供達は普段寝てる時間に旅にでるワクワク感でハイテンション!


22時20分くらいに乗船案内が有り、ぞろぞろと乗船ゲートに向かいます。
何気にこの乗船、下船が一番キツかったですよ(笑)

後ろに乗船待ちの人達が並んでる中、子供達は輪行袋を担ぐのに四苦八苦。
身長低いから持ち上げるのも大変なんですね、重いし。
見かねておれが2台担いでもう1台を2人で持たせますが、それでもいっぱいいっぱいで苦しかったです。
子供と輪行って大変なんだなーと今さら実感。

 

きたよきたよ、さるびあ丸

 

f:id:ryu_chang:20170404200903j:plain

 

f:id:ryu_chang:20170404202338j:plain

こんな感じでバイクを置きます。

 

グッバイ横浜、また明日。

f:id:ryu_chang:20170404203009j:plain

 

一通り船内を探検して、船も横浜を離れたので、子供は早く寝なければ!!

ベットに直行するのもなんなので、寝酒をちょっとだけ。。

真夜中のおやつ、、、特別ですよ!!

f:id:ryu_chang:20170413104236j:plain

 

 

特2等船室に入るとこんな具合に2段ベットが並んでおります。

f:id:ryu_chang:20170413104712j:plain

 

そろりそろりと奥へ進んで、我ら5人のベットは下記写真の右側上下4つと、左側奥下段一つ。まくらと毛布が付いていて、パーソナルスペースとしては申し分無いです。

子供達には酔い止めを飲ませましたが、船の揺れは多少感じます。

おやすみなさい。

f:id:ryu_chang:20170413104721j:plain

 

 

さあ、到着ぞ!

 

 

5時20分、モゾモゾと起き出してデッキに。

 おお、いよいよ来たよ伊豆大島!!

f:id:ryu_chang:20170413105452j:plain

 

子供達はギリギリまで寝かせておきます。

f:id:ryu_chang:20170413105602j:plain

 

 

我先にと下船しようとする混雑の中自転車を担ぐのがキツいので、最後尾からゆったり上陸。

f:id:ryu_chang:20170419154343j:plain

 岡田港からの朝日。

 

 

伊豆大島にはフェリーが入港する港が2カ所ありまして、どちらの港に着いてどちらの港から出港するのかその日にならないと分かりません。

入港するのは基本的には岡田港のようです。風やうねりなど状況によっては元町港に入港することもある模様。

 

同様に東京行きが出港する港はその日の8時半頃に放送があるようです。

もしくは東京汽船のHPにて要確認。

f:id:ryu_chang:20170419155350j:plain

ちなみに、メインの港は元町港で設備や周辺も充実しています。コインロッカーがあるのは元町港のみなのでバックパックをコインロッカーに預けるかどうか悩みました。

 

今回は時計回りで走る予定なので、コインロッカーに預けるには反対方向に進む必要があるのです。

しかし、そもそも子供達は時間までに走破できるか不安もあったので1人荷物を預けに元町港に行き追いつこうかとも考えました。

 

防寒具も必要だし、子供達の荷物考えるとそこそこの荷物になるかと心配しましたが、なんとか荷物をドイターのRACE10リットル程度にまとめることが出来たので、背負って走ることを決断。輪行袋3つ入ってるので、上着脱がれたらしまえないよー。

 

 

いよいよスタートじゃ!

 

6時に着いて、最後尾下船、3台分準備して、その間コンビニで準備しておいた朝ご飯を食べさせて、岡田港をスタートできたのが7時でした。

 

 

岡田港をでると、いきなりの登りに不安になります。そして娘のリアシフターが不調!!!

古いSORA仕様なんですが、マニアSINさんによると劣化により樹脂のツメがだめになってくるらしく、シフトチェンジがままならないよ!!

なんとかトップからロー側にすることは出来たので、あとはフロントのシフトチェンジでなるべく対応させることに。。。。大丈夫か。。。。

 

 

写真メインで

f:id:ryu_chang:20170419163852j:plain

大島公園の入口で最初の休憩。

 

f:id:ryu_chang:20170419165050j:plain

f:id:ryu_chang:20170419165056j:plain

きもちー!!!

車すくなっ!!

 

f:id:ryu_chang:20170419165101j:plain

 

路面キレイ!!

 

アップダウンの繰り返しに泣き言を言いつつ、こまめに休憩を取りながら進みます。

f:id:ryu_chang:20170419171241j:plain

噴火の名残がそこかしこに。

 

f:id:ryu_chang:20170419171348j:plain

 

 

波浮港を見下ろす。

f:id:ryu_chang:20170419171354j:plain

 

 

???

f:id:ryu_chang:20170419171404j:plain

f:id:ryu_chang:20170419171411j:plain

 

うまうまコロッケを求めて、波浮港へ降りようと赤いルートで進むと階段が!!

すぐだろうと降り始めるも、行けども行けども階段終わらん!!

戻るのもツラいので、そのまま進んでなんとか抜けましたが遠回りでも緑のルートで行かんとダメです。

f:id:ryu_chang:20170502170037j:plain

 

 

懐かしの佇まいの鵜飼商店さん

f:id:ryu_chang:20170419171423j:plain

コロッケ60円ナリ。注文すると揚げてくれます。

港でお腹も心もほっこりと。

 

 

f:id:ryu_chang:20170419171433j:plain

f:id:ryu_chang:20170419171440j:plain

 

さあさあ、船が行っちゃうとマズいので先に進みます。

 

 

大島観光のハイライト!!バアムクーヘン

 

うはぁと見物してるヒマも無く先へ進みます!!

娘がおしっこ漏れるスクランブルを発信したのです。

涙ながらに(笑)

 

 

f:id:ryu_chang:20170419171503j:plain

間に合うのか!?

f:id:ryu_chang:20170502171504j:plain

先にある郵便局を目指しましたが、その手前のゴミ処理施設でトイレを借りることができて事なきを得ました。よかった〜wwww

 

 

走行してるうちに元町港近辺にとうちゃこ。

ランチは大島グルメ情報で必ず出てくる『寿し光』さんへ。

 

大島名物『べっこう寿し』 

 

大島物産|伊豆大島 海鮮茶屋 寿し光・手づくりの店 和歌 Video Rental ai2

 

子供達はすでに限界近いです。

しかし、ここまでくればもう一周したも同然。

11時20分くらいに着いて、予約無しですぐ入れるギリギリでジャストタイミング。

f:id:ryu_chang:20170419171522j:plain

 

寿し光定食?だったかな。

手前右2貫の漬けがべっこう寿し。

『伊豆諸島の郷土料理として知られているべっこう。
唐辛子醤油につけた魚の切り身が、つややかなべっ甲色になるためそう呼ばれる』

 

f:id:ryu_chang:20170419171529j:plain

 

息子はマグロ3色丼。

f:id:ryu_chang:20170419171539j:plain

 

娘は単品注文で納豆巻きとかサーモンとか。

あしたばコロッケとか。

大島は明日葉も名産品なんですね。

f:id:ryu_chang:20170419171548j:plain

うまし。

 

 

あっと言う間に帰りの便だな

 

食後は大島空港をかすめて、本日の出発港である岡田港へ向かいます。

3台の輪行パッキングはやはり大変。

時間に余裕あってよがったぁ。

 

岡田港の待合所でお土産買って、いよいよ出港です。

 

帰りは、まだ明るい時間だし、2等和室の切符ですよ。

1人一畳分ほどのスペースですが、グループで予約すればある程度のパーソナルエリアを確保できるので快適です。

子供達は寝る気配無いな。父ちゃん2人は枕に横になってお昼寝。そしてウノしたり(笑)

f:id:ryu_chang:20170419171559j:plain

 

帰ってきたよよこはまー!

 

f:id:ryu_chang:20170419171605j:plain

大桟橋までおかーさんに迎えにきてもらって、無事帰宅。

 

SINさん、Mちゃんありがとー!!

楽しかったよ〜!

 

というわけで、伊豆大島一周ライド、なかなか楽しめました。

ファミリーや、ポタリング派にはちょうどいい難易度で、旅感あっていいと思います。

山岳コースで結構タフよよ聞いてたんですが、自分的にはペースがゆっくりすぎたんであんまり感じませんでしたwwww

 

 

おみやげのあしたばまんじゅうとおかき。

f:id:ryu_chang:20170419171610j:plain